2歳の息子、夏風邪をひく

現在、2歳7ヶ月の息子。
風邪をひいてしまいました。



38℃を越える熱とひどい咳が出ています。
特に夜は、咳で何度も目が覚めてしまい、
苦しそうに泣いているので本当に可哀想です。



そして、親子ともに寝不足です。
幸い、実家に帰っていますので、
朝起きてしばらく母に息子を見てもらって
私は少し仮眠が取れたりしています。




これが実家ではなかったら……
夫も仕事だったら……
と考えるとぞっとします。



体調が悪い分、機嫌も悪いので、
私にとっては日頃のワンオペの数倍大変です。
抱っこ抱っこであっち行くこっち行くが地味に辛い。
二人で寝ようよーって感じです(^^;



もちろん息子が一番つらいのは間違いありませんが、
看病する側も一人が対応するのはよくないなと感じています。




介護等にも言えることですよね。
私の親の兄弟の一人に、現在高齢の二人暮らしで、
夫は病気の後遺症でうまく体が動かせず
妻が付きっきりで介護という夫婦がいます。



子どもは皆外に出て自立しており、
妻にしか頼れないとのこと。
(たまにデイサービスは利用されているが)


この場合、妻が休めるのはいつ?って思います。
それこそ、一人で24時間毎日サポートし続けるのは、
無理ですよね。
でもそういうご家庭もあると聞きます。



ワンオペ育児の問題と同様に
高齢者の介護問題も深刻ですね。





話はそれましたが、

息子は結構元気な方で、これまで風邪もほとんどひいておらず、
いざ風邪をひくと、親も慣れてなかったりします(^^;



嘔吐もほぼほぼ未経験なので、
嘔吐されたときの対処方法もあらためて調べているところです(^^;
準備不足だ…。




病院で薬はもらったし、
あとはたくさん寝て、食べられるものを食べてもらって!


早く体調が良くなりますように。



ランキングに参加しています。
クリックして応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村のサイトに飛びます)
にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月〜16年3月生まれの子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

実家に帰っています&寝かしつけの前に

夫のお盆休みの一足先に、
息子と実家に帰っています。



実家最高!と言い続けている私ですので、
今回の帰省を楽しみに7月頑張ったと言っても過言ではありません。



残念なのは、今回の帰省は少し短めなので、
地元の友だちはほとんど会えず。



5月に会ったところだったので、
今回は我慢しようと思っています。



息子の寝かしつけ前に、
いつも今日の出来事や楽しかったことのお話をしています。



息子がまだ話さなかった1歳頃は、
私が
「しゅー(すべりだい)したねー」とか
「てくてくあるいたねー」とか話していました。



息子が少し話すようになってきた2歳頃は、
「ぶらんぶらん(ぶらんこ)」
「じゃんぷじゃんぷ」
など単語で伝えてくれることもありました。
私が言ったことを繰り返すことも多かったです。



そして今日は、
「おばあちゃんと○○(息子)とおかあしゃんといおんいったねー」
「おっちゃん(私の兄)と○○(息子)とヨーグルトたべたねー」
と自ら思い出して話してくれるように。



2歳7ヶ月。

もういろんなことを記憶して、
それを思い出して話してくれる日が来るなんて。


おかあさんは嬉しゅうございます。




ランキングに参加しています。
クリックして応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村のサイトに飛びます)
にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月〜16年3月生まれの子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

幼稚園見学(勉強も礼儀もしっかり幼稚園)

幼稚園見学に行ったときの話を。


来年度から幼稚園に入園予定の息子。(現在2歳7ヶ月)

どこに通わせるか検討中です。


現在、二つの幼稚園で迷っており、
前回行ったところとは別のところに先日行って来ました。



今回の幼稚園は、その名も「勉強も礼儀もしっかり幼稚園」

(私が勝手に名付けただけですが)



そこの幼稚園のことを詳しく知る友だちがいて、
事前に噂は聞いておりました。



・勉強に力を入れている

・先生の教育に力を入れている(トップの先生が厳しい)

・園庭は狭い

・最近は運動にも力を入れてる(昔はあんまりだった)

・日常生活のルールなどしっかり身に付く

・親の出番はほぼない




聞いているだけで、息子にぴったり合ってるとは言えない……

という印象でした。


もちろん、日常生活のルールもしっかり学べて、
勉強の時間もあったり、
先々のことを考えると、
いいことだらけだとも思いましたが、


言ってもまだ2歳。
幼稚園に入る頃は3歳と3ヶ月ほど。
まだまだ勉強しなくても…と思っちゃいます。


ましてや、今までずっと私と生活してきて、
いきなり私と離れての幼稚園生活。
はじめは不安でいっぱいかもしれないと思っています。


今すでに、一時預かり保育も嫌がったりしています。
保育園に行こうと言うと、「おかあしゃんもいっしょに!」と言います。
(そんなこともあり、最近は一時預かりも行けてません。)


なので、幼稚園に入ったら、
お友だちができて、楽しく遊んでくれたらそれだけで十分ではと思っています。





…と、「勉強も礼儀もしっかり幼稚園」に見学に行く前から、
そこまで前向きな気持ちではなかったのです。



しかし実際、行ってみると、、

「結構いいかも…」

と思いました。変わり身が早い。



確かに、もう一つの「元気いっぱい幼稚園」と比べると、
きちんと感が出ていたように思いますが、





先生に押さえつけられて園児たちが縮こまっている様子もなかったし、(←どんな悪いイメージなんだ)


園児のみんなが話しかけてくれたり、
息子と手を繋いで一緒に遊んでくれたりする様子を見ると、


こっちも楽しそうだな


という印象でした。


どこもそうなんだと思いますが、
年長さんたちが年少さんの面倒を見てあげたりすることも多いみたいです。




内容としては、


・幼稚園の紹介
・英語の授業を見学
・給食の見学


など、実際に園児たちがいる様子を見て聞いて、
幼稚園を知ることができたので


とても満足しています。




あと、私としての気がかりとなるのは、


・幼稚園までの距離

・親の出番の有無


でしょうか。




「勉強も礼儀もしっかり幼稚園」は家からの距離が少しあり、
通うならスクールバスの送迎となります。


普段、息子と私はバス移動を基本としているので、
もし、息子の体調不良等でお迎えに行かないといけないとなれば、
やはり近い方が助かるなと思っています。
(もう一方の「元気いっぱい幼稚園」は徒歩圏内)




あと、親の出番については、
幼稚園によって全く異なるようで…。



聞いた話なのでどこまで事実かはわからないですが、


「元気いっぱい幼稚園」は親の出番がとても多い。
(そのため、親だけで集まることも多いとか)


「勉強も礼儀もしっかり幼稚園」はそれがほぼない。
(親同士が親しくならないまま卒園したとのお話も)


今までは結構親の出番はないほうがいいと思っていましたが、


元からの知り合いがいない土地での育児なので、
もう少し関われる人がいたら楽しくなるのかなとも
思いはじめてはいます。


でも濃い濃い関係は苦手なタイプですが(^^;



そんなこんなで、
いよいよ10月に受付開始だそうで、

あと1ヶ月半ほど、もう少し考えてみたいと思います。

maimi.hatenablog.jp



みなさんが、どんなところを重視して
幼稚園を選ばれてるか気になります(^^)




ランキングに参加しています。
クリックして応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村のサイトに飛びます)
にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月〜16年3月生まれの子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

【1歳・2歳・3歳】トイトレの季節ですね

トイレトレーニング。
略して、トイトレ。
子どもを産むまでは、そんな言葉すら知らなかったです。


今までおむつを履いていた子が、
トイレで用を足す練習をして、
おむつからパンツへの移行期間。



トイトレの進み具合って、個人差がかなり大きいように感じます。
一気に終わる子もいれば、長ーく時間がかかる子もいます。




何歳から始めるか、どんなやり方で進めるか、
なども様々です。




でも共通してるのは、始めるなら春~夏!

着てる枚数も少ないし、洗濯もよく乾くし、
といった理由でしょうか。


おしっこの間隔が長くなってから(膀胱が発達してから)、というのは重要なポイントですよね。




さて、うちは!


まだ始めてません。。。

でもそろそろかな、今年の夏からかな、(←もう夏は始まってるぞ)

と思っています。





子どものやる気が……というのもよく聞く話ですが、

母である、私のやる気が…といった状況です。
(息子ごめん。)


まずは補助便座を買わないと!
あとはシール!?うまくできたらシール貼ろうね作戦
トレーニングパンツはもう少し後でもいいのかな。




ランキングに参加しています。
クリックして応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村のサイトに飛びます)
にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月〜16年3月生まれの子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

【2歳】何気ない息子との生活、プライスレス

少し涼しかった先日、息子とお散歩を。

道を歩いていたら、

「おかあしゃん、くるまきたからこっちきて!」

と言ってくれたり、


通りすがりのおじさんに、

「こんにちはー」と大きな声で言ったり、


レジの方から商品を受け取るときに、

「ありがとー」とちゃんと言えたり。



帰り道には、だんごむしやアリを見つけて、

しばらく眺めたり、


「へりこぷたーのおとがする」と空を見上げたり。



またある日には、

「でんしゃにのりたい」と突然言い出し、

予定もないから、乗ってみよう!と

行くあてもなく、電車に乗って。


着いた駅の近くに、息子が好きな踏切があって、

電車が来るまで踏切近くで待ったり。


帰りの電車がなかなかこなかったけど、

その代わりに通過する特急などの電車が

たくさん見れて興奮したり。



息子と二人で行動すると、

思い通りに前に進めなかったり、
行きたいところに行けなかったり、
見たいものが見れなかったり、

時にはぐずりだして、うんざりすることもあるし、
どっと疲れることも多いけれど、



息子と一緒にいるからこそ、
見れている景色や、感情があるから、

あぁ、よかった
と思えるのでした。



最近は、息子のつるつるぷにぷにのほっぺを
いつでも触れることに喜びを感じています。
(つるつるのお肌うらやましすぎる)




ランキングに参加しています。
クリックして応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村のサイトに飛びます)
にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月〜16年3月生まれの子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

【2歳6ヶ月】二人目についてぼんやり考える

二人目は考えているのか。

子どもを一人出産すると多くが起こる問題(だと思っています)。



息子が2歳を過ぎてから、周りから聞かれる機会も増えました。

息子より小さい子でも、もうすでに妹や弟がいたり、
お母さんが妊娠中という家庭も多いです。



また、同じ2歳の子どもを持つ友だちは、
今すぐ二人目が欲しいとずっと妊活しています。



親戚や近所の方によく言われるのが、「もう一人欲しいよね~」「次は女の子がいいねぇ」


ママ友から言われるのは、「二人目どうする?」「何歳差がいい?」


こういう風に言われることに対して、
言わないでほしいとかは特には思ってない私ですが、
言われることでどうしようかと考えるきっかけにはなっています。


でも、中には言わないでほしいと思ってる方もいらっしゃるでしょうし、
友だち同士でも話題にしづらい場面はあります。




今の私の気持ちは、


子どもは一人でもいい、と思っています。
(結婚前は漠然と二人欲しいって思ってました)



なぜそう思うのか。

自分勝手な考えだと思うのですが、

何よりも、妊娠生活・出産・二人子育て の自信がない。



息子を見ながら妊娠中のつわりを乗り越えられるのか。
(つわりひどかったタイプです。)
(周りに助けてもらえる人はほぼいないに等しい。)


あの出産の痛みをまた味わわなければならないのか。
(比較的安産だったけど、泣いたし吐いたし(苦笑))
(痛いのが苦手すぎて恐怖心がまだまだ残っている。)


二人育児って私にできるの!?
(育児って本当に自分育て)
(余裕がなくなりまくるのではないか)



一人っ子はかわいそうとか言われるけど、
そうでもないよなと思っています。


一人っ子はわがままになるとか言われるけど、
私二人兄弟だけどわがままだしなと思っています。笑



でも悩んでるのも事実です。


きょうだいがいた方が楽しいのかなぁ。
息子が妹or弟と遊んでる姿を見てみたいのもある。


産むなら早い方がいいのかなぁ。
(妊娠できるかもわからないし、年齢を重ねるごとにできにくくなることは確か。)




このようなことをぼんやりと考えています。
二人目欲しい!とか、一人がいい!などと結論を出せるのはいつになることやら。



ランキングに参加しています。
クリックして応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村のサイトに飛びます)
にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月〜16年3月生まれの子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

「特牛」の読み方わかりますか?

先日、山口県の角島に家族で行って来ました。


この酷暑の中だったので、10分も外にいられないくらいでしたが、



景色は最高!

雲一つなく青い空に透き通った海。
海も本当にキレイなんです。

特に角島大橋を渡る前に、車から降りて見た景色は本当に感動しました。


景色はその日の天気も大切な要素ですね。


大満足の1日となりました。




タイトルの「特牛」ですが、読み方はわかりますか?

角島に辿り着くまでに、道の看板で何度か見かけました。

どうやら地名のようです。




山口の方はすぐわかるんですかね。


わたしは、「とくぎゅう…?」としか読めず。
というか、漢字でしか見かけなかったので、

特殊な読み方だとは思いもせず。





正解は、「こっとい」でした。


まさかまさかの読み方で驚きました。




「えーー!こっといって読むんやぁ!」って驚きながら言ってたら、



夫が、「それ、前来たときも言ってたで」と一言。



そうなんです、確か4年前くらいにも
夫と角島に行ったことがありまして、

その時にも、「こっとい」にひどく驚いていたとこのこと。



忘れるってこわいですね\(^^)/





忘れると言えば、

昨日の息子の何気ない言葉、忘れたくないなぁって思いました。


夜寝たくない息子が、
「おかあしゃん!ほしみようよー!」
と窓の方へ誘ってきました。


星見ようなんて、ロマンチックだね。


子どもが小さいと暗くなる前に家に帰ってるし、
そういえば最近見てなかったなぁ。


見よう見ようと喜んで息子に駆け寄り、しばらく二人でお外を眺めました。



ランキングに参加しています。
クリックして応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村のサイトに飛びます)
にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月〜16年3月生まれの子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村